下肢静脈瘤の原因と対策|医療機関を受診しよう

免疫力を上げる

男の人

早い段階で治療を行うこと

癌の治療法には、主に三つあります。一つは外科手術で癌化した部位を切除して体内から取り除くという根治治療です。二つ目は、化学療法で増え続けていく癌細胞の増殖を抑えることで再発や転移などの症状悪化を防ぐために抗がん剤を使います。三つ目は放射線治療で、癌化した部位に放射線を照射することで病状の悪化を防ぎます。これらは、その症状や癌の部位などによっても選ばれる治療法は違ってきますが新しい治療法として免疫を高める治療法が有効であると言われています。樹状細胞療法とは、免疫治療の一種で体がもともと備えている免疫力を高めることで癌細胞に対抗します。自分自身の免疫力が高いうちに治療を始めることで、効果も得られやすいため早い段階で樹状細胞療法を受けると良いと言えます。

副作用が少ない治療

樹状細胞療法が注目されているのは、他の癌治療と比べて副作用が少ないからであると言えます。樹状細胞療法は、癌細胞だけを攻撃するリンパ球を体内に増やすため癌細胞だけが減少し他の正常な細胞はそのまま維持することが出来ます。一般的に癌治療となると、即効性があり効果が高い分癌細胞だけでなく正常な細胞まで傷つけてしまうことがあるため副作用も出やすく精神的にも体力的にも大きくダメージを受けることもあります。樹状細胞療法の場合は、体全体の免疫力を高めることで副作用が少なく効果がより長く続くようになると言われています。また、他の癌治療と一緒に併用することも出来るため癌の完治を目指すことが出来ると考えられています。