下肢静脈瘤の原因と対策|医療機関を受診しよう

血液の逆流が原因

医療器具

下半身の血液は足の筋肉を動かすことにより、心臓に戻ります。脚の静脈には血液の逆流を防ぐために弁がついています。しかし、この弁は脚の付け根や膝の裏などで壊れてしまう事があります。そこで、血液が逆流し、脚の下の方に血管が溜まり、こぶのように膨らんでしまっている状態のことを下肢静脈瘤と言います。下肢静脈瘤の主な症状としては、脚の血管が浮き出て見える、脚がむくむ、熱感や痒みを感じる、皮膚が黒ずむなどが挙げられます。大阪には下肢静脈瘤の治療を専門的に行っている病院がいくつかあります。大阪にあるそれぞれの病院によって治療方法や実績などに違いがありますので、訪れる際には情報を集めるようにすると良いでしょう。

大阪にある病院でも行われる下肢静脈瘤の治療法として、症状が軽い場合には、保存療法が選択されます。これは、圧迫療法とも呼ばれるものですが、専用のストッキングや包帯を使用し、適度な圧力をかけることにより、血液が溜まることを防ぐという治療法です。手術などの大掛かりな治療を行うわけではないということもあり、比較的手軽に行う治療の一つだと言えます。また、最新の治療法として人気なのが、レーザーを使用する方法です。血管内に専用の器具を挿入し、血管の内側をレーザーで焼くという手術方法です。大阪でも行っている病院もありますが、全ての病院で行っているわけではありませんので、希望する場合には事前に電話をかける、あるいはネットで問い合わせるなどで確認することをおすすめします。

免疫力を上げる

男の人

樹状細胞療法は、体内の免疫力を活かして癌細胞だけを攻撃するという新しい治療法になります。副作用が少なく効果が長く持続すると言われていて、早い段階で治療を始めることでより高い効果が期待できると考えられています。

もっと見る

脳の血管が詰まる病気とは

看護師

脳梗塞は動脈硬化による血栓のために、脳への酸素や栄養が運ばれなくなり、組織が壊死する病気です。原因となる高血圧などの予防のために、脂肪分やインスタント食品を控え目にし、食物繊維や青魚を摂るようにしましょう。またお酒は控え目に、タバコはやめて、ウォーキングなどの有酸素運動をすることがお勧めです。

もっと見る

血糖値が高いと言われたら

男女

糖尿病は日本人に多い病気です。ですので、つい軽く見てしまいがちです。しかし、知らないうちに進行し、重い合併症になってしまっては大変です。健康診断などで高血糖を指摘されたら、できるだけ早く精密検査を受け、必要な治療開始しましょうね。

もっと見る